So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドニュース ブログランキングへ
台風とは ブログトップ

気象庁 台風とは [台風とは]

台風とは、北西太平洋や南シナ海、位置的に赤道以北、
東経180度以西、100度以東に存在する
熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼び、
熱帯低気圧の中でも、
中心付近の最大風速が約17m/秒(34ノット、風力8)以上のものを言います。

そして気象庁が、発生順に番号を付けており、
日本では通常この台風番号で呼ばれています。

台風は上空の風に流されて動き、そして地球の自転の影響で
北へ向かう性質があります。

そのため、発生時の低緯度では通常東風が吹いており
台風は西へ流されながら次第に北上、
上空で西風の強いジェット気流とも呼ばれている偏西風が吹いている
中・高緯度に来ると速い速度で北東へ進みます。

暖かい海面から供給された水蒸気が凝結して
雲粒になるときに放出される熱をエネルギーとして台風は発達します。

しかし、移動する際に海面や地上との摩擦が絶えず生じて
エネルギーは消失しており、もしエネルギーの供給がなくなれば
2~3日で台風は消滅してしまいます。

また、日本付近に接近して来ると上空には寒気が流れ込むようになって、
次第に台風の勢力が弱まり「温帯低気圧」に変わります。

あるいは、熱エネルギーの供給が少なくなって衰え
「熱帯低気圧」に変わることもあります。

上陸すると台風が急速に衰えてくるのは
水蒸気の供給が絶たれ、そして更に陸地の摩擦によって
エネルギーが失われるからです。

台風8号は各地で半端ではない雨量で
各地の被害が伝えられていますが、
年々大きな勢力を保ったまま日本に接近する台風
台風の被害を受けない為にも
避難場所や防災用品など備えておきたいものです。


タグ:気象庁
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
台風とは ブログトップ

トレンドニュース ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。