So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドニュース ブログランキングへ
世界遺産 ブログトップ

世界遺産 明治の産業革命遺産 7月にも正式決定 [世界遺産]

「明治日本の産業革命遺産 九州山口と関連地域」
世界文化遺産に登録するよう5月4日、
国連教育科学文化機関ユネスコの諮問機関の
国際記念物遺跡会議(イコモス)が、勧告したという発表を受けました。

早速ゴールデンウィークに該当する施設に観光客が殺到したそうです。

勧告が尊重されるのが通例のようで、ドイツのボンで6月28日~7月8日に開かれる
世界遺産委員会で正式決定の見通しとなりました。

決まれば、2013年の富士山、2014年の富岡製糸場続き3年連続の登録となり
国内の世界遺産は文化遺産15件を含み19件となります。

産業革命遺産は「軍艦島」として知られる長崎市の端島炭坑、
北九州市の八幡製鉄所など、幕末から明治にかけての近代化と
重工業の発展を示す遺産です。

稼働中の八幡製鉄所や長崎造船所(長崎市)などの施設を含むのは
世界的にも珍しいようです。

勧告は短期間で急速な産業化が達成された例と評価され
製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業明治日本の産業革命遺産として認められました。

参考記事: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00000076-jij-soci




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
世界遺産 ブログトップ

トレンドニュース ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。