So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドニュース ブログランキングへ
ウィンドウズ10 ブログトップ

ウィンドウズ10、変化と狙い [ウィンドウズ10]

基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」は、
これまでのウィンドウズシリーズから大きく変わった点が多いらしい。

「ウィンドウズ10」は、
パソコンスマートフォン、ゲーム機などすべての端末で共通化。

最早パソコンは情報端末の主役ではなくなっている。
スマホやタブレット、既に車だってインターネットにつながって端末になる。

多くの人が複数の端末を持つ時代を迎え
ウィンドウズは、あらゆる端末からマイクロソフトのクラウドサービスを利用できるようになり
それが役割へと変わってきている。

それを明確に打ち出しているのが今回のウィンドウズ10です。

ウィンドウズで初の試み、提供を1年間無償にした。

ソフトを販売して稼ぐという考え方から、
クラウドサービスの利用を広げて稼ぐと言う方向転換。

そのためには、まずはウィンドウズ10の広く利用者を増やすことが必要との判断。
そのうえで、収益の柱とするのがクラウドサービス。

クラウドは、ウィンドウズの販売に代わる収益の柱になりうるのか。

ワードなどのオフィスソフトをクラウド上で管理することが出来るオフィス365など、
クラウドサービスは利用者を大幅に伸ばしてきている。

多くのモノが端末となるこれからの時代、
そこに大きな市場が生まれるとみているようだ。

マイクロソフトでは今後3年でクラウドサービスによる売り上げを現在の2倍以上に伸ばし、
国内売り上げの半分程度にしたいと豊富を語っている。

引用記事: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000011-asahi-bus_all


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ウィンドウズ10 ブログトップ

トレンドニュース ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。