So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドニュース ブログランキングへ
自転車 ブログトップ

自転車の道交法改正、傘差し運転要注意 雨がっぱ思わぬ売れ行き [自転車]

自転車の道交法改正により傘差しながらの運転は要注意。
夏真っ盛りなのに、雨がっぱの売れ行きが好調らしい。

6月1日に改正道路交通法が施行され、
傘を差しながらの自転車運転で人身事故を起こした場合、
危険行為、危険運転と見なされる可能性があり、
雨合羽が思わぬ「特需」を生み出している様です。

大阪府警によると、改正道交法は、
14歳以上の自転車運転者が
信号無視やブレーキ不良の「危険行為」で3年以内に2回以上摘発された場合、
有料講習の受講を義務化した。

傘差し運転で人身事故を起こしたケースも含まれる可能性がある。
7月31日には、前輪にブレーキのない自転車を繰り返し運転したとして、
大阪府公安委員会が20代の男性に全国初の受講命令を出したとのニュース

傘さし運転は利き手による片手運転。
前輪又は後輪のブレーキが掛けられない状態での運転なので
事故を起こさなくても駄目なのでは?

ましてや雨の日はブレーキもかかり難いのでは?
片手運転はもってのほか!

やむを得ない雨降りのときの自転車運転は
規制云々以前に合羽を着ての運転するのは当たり前と思います。

そして蛇足ですが、車優先の道路、車道を削ってでも自転車専用道を作るべき!

参考記事: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000047-mai-soci



nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
自転車 ブログトップ

トレンドニュース ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。