So-net無料ブログ作成

トレンドニュース ブログランキングへ
豪雨報道 ブログトップ

撮影ヘリは救助の邪魔…決壊映像で視聴率稼ぎに走ったTV局 [豪雨報道]

撮影ヘリは救助の邪魔…決壊映像で視聴率稼ぎに走ったTV局と題した記事。
10日、視聴者をくぎ付けにした茨城・鬼怒川の堤防が決壊した記録的豪雨報道のありかたに
不快感を感じたのは確か。

各局とも、老夫婦が瓦屋根の上で犬を抱いて救出を待っている姿、、
家の中から手を振り続けている家族、そして電柱につかまって
救助を待つ男性を映し出し続けていました。

そして自衛隊のヘリが住民を見つけ、無事に救助できるかに集中、
「自衛隊のヘリが今、来ました」などと救助活動の実況中継を行っていました。
-中略-
「とにかくその場だけの報道で呆れました。あの決壊現場だけを延々と映しているので、
全体の状況はまったくわからないし、市や国がどう動いているかもまったくわからなかった。
成り行き任せの報道としか思えなかったし、テレビの怠慢だと思いました」・・との記事。

参考記事 : http://news.livedoor.com/article/detail/10587362/

ヘリからの実況放送は、TVで見ている我々でも見て取れる内容。
もっと土地勘のある人が被害の範囲や状況を報道すべき。
土地勘では無く"トンチンカン"の報道で確かに成り行き任せの報道、TV局の怠慢と
言わざるを得ない。
こんなヘリ報道は救助隊の邪魔とつくづく思いました。





nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
豪雨報道 ブログトップ

トレンドニュース ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。